遺言のすすめ 東京都板橋区の内野行政書士事務所 
 
  ―はじめに―

  私は板橋区民相談の出向相談員をしておりますが、最近一番多い相談は遺言です。
  皆さんの遺言に対する意識は年々高まっているようです。

  人間にはさまざまな感情が交錯しています。私が相談を受けてきた限りでは、いざ相続、となると
  亡くなった方への遠慮がなくなり、個人の思惑・感情が噴出するようです。

  「うちは財産が少ないから・・・」とか「うちは皆、仲良くやっているから大丈夫。」と言われる方も
  いらっしゃるでしょう。
   しかし、いざとなると、たとえ少額であってもできるだけ多くもらいたいと思うのは、ごく自然な感情かも
  しれません。

  「自分が死んだ後のことなんか考えたくもないし、後に残った人で適当に相談してやってくれればいい。」
  こんな風に考えている方も多いと思います。
  相続の相談を受けていて、「亡くなった方が遺言さえ残していれば・・・・。」というケースがかなりあります。


  ある人が亡くなると、遺言がなければその人の残した財産は、相続人の話し合いで分け合うことに
  なります。しかし話し合いで解決しない場合、法律によって相続人と相続分が決まることになります。
  これが法定相続です。

  遺言があればこれを優先し、生前のご自分の意思を相続に反映させる事ができるのです。



  ―法定相続について― 

  ■法定相続のルール 

   1、配偶者が生きていれば常に相続人となります。
   2、それ以外の順位は次のようになります。

     (1)第一順位 ― 子(死亡している場合等は孫、ひ孫など)
     (2)第二順位 ― 直系尊属(父母、祖父母など)
     (3)第三順位 ― 兄弟姉妹(死亡している場合等はその子)

    上の順位の者がいる場合、それより下の順位の者は相続人になれません。
    したがって相続人の組み合わせは下図の通りで、たとえば直系尊属と子の
    組み合わせで相続人となることはありません。





  ―遺言の種類―




  この他に「秘密証書遺言」、「一般危急時遺言」等がありますが、あまり一般的ではないので、ここでは
  省略します。



  以上、遺言について簡単に説明しましたが、私としてはやはり公正証書遺言にしておくことをお薦め
  いたします。

  しかしながら節税の面、法律的な面を考えると、一人で事を進めていくことに不安を感じる事もあると
  思います。

  そんな時は、どうぞ当事務所にご相談ください。起案作成・公証人との折衝・資料の収集・証人としての
  立会い等、あらゆる面でサポートをさせていただきます。

  誠心誠意を持って、ご希望通りの相続のために協力させていただきます。

  どうぞ、お気軽にお問合せください。